記事の詳細

近年の気候変動によって、雨による災害で家屋が浸水の被害に遭う可能性も考えられますが、水害を未然に防ぐ事は不可能だと言われているので、被害をできる限り抑えるためのリフォームについて考えてみてはいかがでしょう。

高床式の物件なら1階部分が柱のみですから屋内への浸水を防ぐ事ができますし、敷地全体に盛り土をして地盤を高くして、道路よりも高い所に建物を建てる事によって水害から家を守れるのです。

防水壁などを活用したり、外壁を強化して防水性能を高めたり、止水板を玄関に設置するのもオススメですよ。

窓からの雨の侵入を防ぐなら、雨戸を取り付けたり複層ガラスにリフォームする事も考えましょう。

内装では、浸水時に被害遭うと困るコンセントなどの配線設備を高い位置に取り付けるのがオススメですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る