記事の詳細

海外での考え方は住まいはリフォームを繰り返し、資産的価値を高めていくという考え方が一般的に浸透しています。手を加えることによって住み易い機能的な住まいになっており、価値が向上していると考えられています。

近年では大幅に改装する言葉としてリノベーションという言葉が生まれましたが、最も手がけるものは底までにしておくといった考えです。
リフォームやリノベーションに必要な方法は家屋の構造分析を正しく行い、切っても良い柱と切ってはいけない柱を見極めるk所とが最も大事だといわれています。

大規模やリフォームをおこなっていくには柱や壁を撤去しなければならなく壊すべきものは壊す必要性が出てきますので、構造も理解しておくことが理想的です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る