記事の詳細

見積り書に記載されている項目と金額のチェックは取引を進める上でとても重要となります。見積り書が手もとに届きましたら様々な部分をチェックしましょう。

日付や押印、有効期限などのチェックも大事であり、見積もりを出してもらうのは1回とは限りません。作成日で新しい見積りか古い見積りかを見ることができますので、見積もり書の日付はチェックしておくことが良いと思います。

見積もり額に対していつまで検討する余地があるかなど最終的に契約する際の見積り書の日付は必ずチェックしたほうがよいかと思います。見積もり書の有効期限ではいつまで検討する余地があるかをしる目安になるかと思います。

リフォーム項目と単価・数量などもチェックしておくことは抜け漏れがないかなどをチェックできますのでとても重要です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る