記事の詳細

窓のリフォームを行っていく際にはガラス交換がもっとも簡単な施工方法であり、簡単にリフォームを行いたい場合やサッシはまだまだしっかりしている方にオススメすることが出来る施工方法となっています。

真空ガラスは性能もそうですが一般的な複層ガラスと、全体の厚みが大きく違っています。副層ガラスでは一般のガラス用のサッシに納まらないところも真空ガラスでは納めることができます。
 
窓交換の方法にはカバー工法といった方法もあり、既存の枠の上から新しい枠を取り付ける工法のことです。古いサッシを取り除き、枠を残したまま新しいサッシを取り付ける方法で壁や床を工事することなく取替が可能ですので、工期が早いことが特徴です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る