記事の詳細

築年数が経ち、物件の価値が落ち込んでしまった場合にはおこなうことが大規模なフルリフォームです。大幅な改装工事をおこなうことによって、住みやすくしたり、大家さんがおこなう場合には商品としての価値をあげるといった目的にリフォームをおこなうこともあります。

リフォームとは少し意味合いが変わりますが、建物のメンテナンスの工事をおこなう際に大規模修繕工事をおこなうこともあります。

大規模修繕計画を立てて修繕内容や時期、費用を把握しながら実施していきますが大きな資金の投資が必要となってきますので、しっかりとした計画を立てなければいけません。
これほどの工事となりますと修繕計画書を作成し、計画的に修繕積立金などを準備しておく必要が出てくるかと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る