記事の詳細

自宅をリノベーションして増改築しようと考えているなら、それについてのメリットとデメリットについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしましょう。

増改築のメリットとして、住居の建て替えを行うよりも増改築した方が費用が安くて済むという事です。

基本的には、その住居に住みながらリノベーション工事を行う事が可能だという事ですが、増改築するスペースによっては仮の住まいが必要になる事が考えられますよ。

元々の住居の耐久性と増改築した部分の耐久性には違いが出ると言われていて、耐震強度を考えるなら建て替えの方がメリットがある場合もあるのだそうです。

広い範囲を増築する場合には申請が必要になりますし、各種手数料もかかるという事なので10平方メートル以上の場合には注意しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る