記事の詳細

地震の多い日本であるからこそ耐震補強が非常に重要となってきます。日本だけでなく世界の各地でも大規模な地震があり、いつ大規模な地震があるのか分からない状況となっています。

耐震とは骨組みや壁などの建物自体の強度を補強するもので具体的には、柱と柱の間に斜めに木材を交差させて強度を補強する筋交いを追加したり、接合部分を金物などで強度を高めるといった方法があります。

現在の建築基準法で義務とされている耐震構造は、地震の瞬間や直後に建物が倒壊することを防止し、建物内にいる人が避難できることが前提となっています。病院や避難所として機能する建物は地震後も使用できる強度が必要になってきます。どのレベルの耐震性能を求めるかで工事の内容がかわります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る