記事の詳細

厚生労働省健康局の発表によると、睡眠時間が不足している人や不眠がある人では、生活習慣病になってしまう危険性があることが分かってきています。そのため良い睡眠をしていくためには環境づくりもとても大切です。

まず快適な睡眠を行っていくためには寝室の湿度も大切です。快眠を得るための、寝室の理想的な湿度は50%前後で、湿度が低すぎて乾燥してしまうと、鼻や喉の粘膜を痛め、睡眠の質が悪くなってしまうようです。
ですので、湿度を維持できるような部屋を作っていくことが理想的な寝室といえそうです。

湿度を調整する機能を持つ壁としては珪藻土の壁があり、植物性プランクトンが化石になったもので、ナノレベルの穴が無数に並んでおり、調湿・脱臭機能を備えています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る