記事の詳細

不動産の国内ブローカーは宅地建物取引業者の免許をもたずに不動産取引をおこなって収入を得ている業種です。

知り合いから自宅を売却したいと相談され、購入を検討している別の人に物件を紹介し、取引が成立したら紹介料をもらうといったケースになります。

不動産の売買・賃貸の仲介、販売などを業種としておこなう場合には宅建業の免許を持った法人または個人の業者である必要が有ります。もし宅建業者でないものがそれらの行為を業としておこないますと宅地建物取引業法に違反したことになってしまい罰則が科せられてしまうことになります。

ですので、中間に不動産仲介業者がはいることによって、その業者に契約業務をおこなってもらうことによって宅建業法の規制を逃れつつ紹介料をもらいます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る